中国・アメリカ・ヨーロッパでも対応可能な電波腕時計特集CITIZEN編!

➋チタンの腕時計の利点

チタン製の腕時計が世の中へ出回りはじめたのは、およそ25年前でした。
その頃のチタン製時計は光沢に乏しく軽いだけがウリの割りには価格も高かったものでしたが、現代の技術の進歩には本当に驚かされますね。

ステンレス製品とほぼ同じ価格に落ち着いただけではなく、新たな利点も多く発見されました。まず、風防ガラスに光が反射しませんので、とても見やすくなりました。
材料の配合比の研究によって、ステンレス時計の60%という重量に収まっています。

もちろん、それだけではなく、傷がつきにくいのは従来のままでして、他にも利点は数多くあります。
しかし、なんといっても金属アレルギーを起こさない点ではないでしょうか。
ステンレス時計の場合は、汗をかくと肌がかぶれたりするときがあります。
赤く腫れて痛痒くなるのはいやですよね。

チタンという素材は生体適合性がとても高いので、まずかぶれることなどありません。ニッケルなどと合金してもその性能は失われないのです。

また、それ以上にチタン腕時計の見えない部分での利点は、磁性がまったく存在しないところです。

腕時計というものは、中身の小さな歯車が微妙にかみ合って動くように出来ています。なので、磁性のあるステンレス製品ですと、家電品(冷蔵庫・電子レンジ)の上などに置きますとすぐに磁性を帯びて動かなくなってしまうのです。

現代ではいろんな場所に電磁波などが流れていますし、電気を使う製品があふれています。
一度磁性を帯びますと時計屋さんで脱磁処理してもらわないと直りませんが、チタン製品ですとその点は安心ですね。

チタン製品はさらに、躍進する可能性も秘めています。
表面を酸化処理して皮膜を作る際に、どのような色にでもデザインできるのです。

レインボーカラーだって可能なんですよ。このタイミングで、チタン製腕時計を見直してみませんか。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

14