営業マンにお薦めの腕時計

若い頃に営業の仕事をしたことがありましたが、なぜか会社の看板を背負っているという意
識が希薄でして、いつも上司に説教されたり叱られていました。あなたは大丈夫でしょうか。
その意味がようやくわかるようになったのは入社して3年目くらいだったでしょうか。それま
では自分の力だけで契約を取っていると思い込んでいたのですから、今から思うと冷や汗も
のですね。


会社の看板を背負っているからこそ契約が取れるのであって、退職して独立しますとまった
く何も売れません。どこの馬の骨なのかわからない者から何かを買う人なんていないのです。
いいえ、営業マンそのものこそが会社の看板なのでしょう。だとするなら、装着する腕時計
も看板にふさわしいものでなくてはなりませんね。

どんな腕時計が営業マンにお薦めかというよりも、ダメな腕時計を挙げて消去法にしたほう
がわかりやすいかと思いますので、以下に不向きな腕時計を述べてみましょう。参考にして
ください。

とにかく、金色のケースのものはダメですね。ビジネスの場にブレスレットをしてゆくよう
なものですから、シルバー色のものにしましょう。派手な色のアニメキャラクターの腕時計
も同じです。遊びの場じゃありませんので、キャラクターものは絶対にご法度ですよ。

また、ダイバーウォッチやレーサー型の派手派手としたものも同様の理由で避けましょう。
自己主張の強い人間にみられかねませんので、取引締結の際には不利に働くかもしれません。

もっともダメなのは、高級時計ですね。有名ブランドの腕時計を装着して営業に行きますと
まるでリムジンかフェラーリに乗って商談に行くようなものです。昔から営業マンの心得と
しまして、相手社長よりもいい車に乗っていい時計をしていては反発を食らう、といわれて
きました。もっともな意見ですよね。わが身に置き換えて考えて見ますとすぐにわかります。

かといって、あまりにお粗末な使い捨て同然の腕時計でも自社の看板を汚すことになってし
まいますから、ほどほどの値段のシンプルなデザインでシルバー色の腕時計が消去法によっ
て残ります。営業活動においてあなたを絶対に裏切らないパートナーとなるのが腕時計です。
大切に使ってあげてくださいね。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

6