新社会人にお薦めの腕時計

昔、中学生になったときに親から腕時計をプレゼントされました。ちょっぴり大人になっ
た気分で誇らしく感じたものですが、いまでは小学生でも時計を持っていますね。塾通い
や習い事に忙しい現代ならではの現象でしょうか。

時刻をみるだけですと時計機能は携帯電話にも搭載されていますし車の標準装備ですので、
困ることはなくなりました。街のあちこちにも電光掲示の時計が見受けられる世の中です。

でも、ビジネスの現場では、やはり職場や出先の雰囲気などから携帯電話をいじってばか
りいるわけにはいきませんよね。商談の途中でまさかゲームやメールをするのかと勘違い
されないまでも、落ち着いた商談ができないでしょう。腕時計はまだまだビジネスマンの
必需品なのです。

よーし、と気合を入れて就職した会社での仕事はわからないことばかり。まだ職場の人と
のコミュニケーションもうまく図れないうちは、期待と不安感が入り混じった複雑な心境
でしょうね。だからこそ、一緒に働いてくれるパートナーとしての腕時計選びは大切にも
のになるのです。

新社会人に合う腕時計といいますと、一般的には派手ではないものといわれています。ア
ニメキャラのデザインのものやダイバー系統の派手なものはやはり避けたいものです。も
ちろん、あまりに高価なものや偽ブランド品などもNGでしょう。上司や商談の相手から奇
異な目で見られてはいけませんからね。かといって、あまりに安価なデジタル時計もお薦
めできません。社会人なのですから会社の看板を背負っているという気持ちが大切です。
安い給料しか払っていないと思われてはいけません。文字盤が見やすくて嫌味のないデザ
インのものでしたら、新社会人にふさわしいのではないでしょうか。

ただし、ベルト選びは慎重にしてください。金属のベルトですとYシャツや上着の袖口が
ボロボロになりやすいのです。ビジネス用の腕時計には皮革のベルトがお薦めですね。と
なりますと、やはりダイバーウォッチなどのぶ厚いタイプは皮革ベルトに合いませんので、
薄型のシルバー色ならいいでしょう。以上のことを参考にして、最良のビジネスパートナ
ーを見つけてください。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

4